日記

「あの頃は良かった」は危険信号

「あの頃は良かった」

という気持ちが心の中に沸き起こったとしたらそれは人生の
危険信号であるということを以前ここで書きました。

なぜならその言葉の後ろ側には

「今の状況は良くない」

という事実が存在するからです。

とは言うものの誰でも常に人生が順風満帆というわけではありま
せんし、そのように思ってしまうことは当然ながらあります。

ではそのような時にはどうすれば良いのでしょう。

それは、

「今が一番良い」

ととりあえず言い切ってしまうことです(笑)。

「幸せだから笑うのではない。
 笑うから幸せになるのだ」

という言葉がありますが、それを転用しましょう。

今が一番良いと言い切ってしまうことで、良い部分と良くない
部分が明確になって、良い部分を心で受け止めると同時に、
良くない部分の対処に思考が向かいます。

そして何より、あらゆることに感謝する気持ちが生まれて、
心を支配していたネガティブな感情は追い出されます。

今日の音楽

憧れ/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。