日記

「する」よりも「決める」ほうが難しい

◆1、決める

◆2、実行する

たったこれだけを延々と繰り返すことがすべてであるということ
を以前も書かせていただきましたが、「2」を終えると、
当然のことながら必ず結果が出ます。

そしてそれは、良い結果か悪い結果かのどちらかです。

良い結果であったなら、「1」の方針のまま
それを増強することを考えると良いでしょう。

悪い結果であったなら、そうなってしまった原因を突き止める
ことにまず集中すると良いでしょう。

失敗してがっかりする気持ちは分かりますが、うじうじと落ち込ん
でいても前に進むことはできません。
まずは原因を特定して、それを改善するにはどうしたら良いかを
決めましょう。それがそのまま次なる「1」となります。

「2」が難しいように見えますが、実際なかなかできないのは、
「1」のほうです。

「する」よりも「決める」ほうが難しいのです。

◆自分が進む道を決める

◆目標を決める

◆期限を決める

◆誰とやるかを決める

◆たくさんあるものの中から一つに決める

◆失敗の原因を特定し、対処法を決める

◆自分の欠点と対処法を決める

◆今、何をするかを決める

「決める」ということには責任が伴いますので、その責任から
逃れたいために無意識のうちに決断を避けてしまいます。

思い切って「決める」ところからすべてが始まります。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ(チェレスタ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。