日記

「やらない」トレーニング

最近僕は、「やらない」トレーニングをしています。

何をやってもうまくいかないような時、

「何かをしよう、何かしなければ。」

という思考にとらわれてしまい、中身の伴わない行動をし、
空回りし、ますます状況を悪化させてしまうということが
よくあるものです。

そんな時には、あえて「何もしない」ということが
とても有効であることに気が付きました。

何もやらないことで、心が整ってきます。
一呼吸が「冷静さ」を運んできてくれます。

これまで、欲張ってあれもこれもやってきましたが、
大風呂敷に広げたその中から、どれかひとつかふたつを選んで
それだけをやろう、それ以外のことはやらないと決めました。

今までやってきたことを捨てるのはとても勇気が要りましたが、
いざ捨ててみると、すっきりとして、自分が選んだことだけに
その分の力を集中して注ぐことができるようになりました。

しかし、この「何もしない」というのは
実はとても難しいものです。

なぜなら、人間は何かせずにはいられないからです。
やらなくても良いことをやってしまう生き物だからです。

つまり、「やりたい」方向に欲望が向いているのですね。
この欲望を制しなければいけません。

したくてしたくてたまらない気持ちをぐっとこらえ、
一呼吸を生み出してみましょう。
心に静けさが訪れて、それはとても貴重なものとなるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。