日記

あなたの幸せが一番大切

夢は叶うと本気で信じることができさえすれば、
日々のあらゆる行動が変わってきて、
その蓄積によって夢が現実になっていくというお話や、
人間は誰でもネガとポジの切り替えスイッチを持っていて、
自然に身を任せているとネガのほうにスイッチが入るように
なっているため、意識的にポジのほうにスイッチを入れなければ
良い方向へは進まない、などというような、

「心の持ち方」

についてのお話をよく書かせていただくのですが、そのためか、
人生相談のようなことをされることが多くなりました。

僕はいつも自分自身に言い聞かせる意味で書いていますので、
同じように、

「向上したい。前向きに生きていきたい。」

とお考えの方にとって、少しでもお役に立てられるのであれば
幸いと思ってお答えしております。

お悩みの内容は何であっても、初めてご相談いただいた方に、

「幸せになりたいですか?」

という質問をすることにしています。

驚くべきことに、その段階で「うーん」と悩まれる方が
結構いらっしゃいます。

自分自身が幸せになることを素直に受け入れられず、
躊躇してしまっているのですね。

「わたしは幸せを素直に受け取ってはいけない。」

という気持ちになってしまっているのです。
きっとこれまでのご経験がそうさせているのでしょうね。

そのような方はまず、

「幸せになりたいと素直に思う」

という訓練からしなければいけません。
そして、訓練さえすれば誰でも素直にそう思うことが
できるようになりますし、「幸せになりたい」と
素直に思うことさえできれば、もう大丈夫です。
その人はいつか必ず幸せになるでしょう。

「自分の幸せを犠牲にして誰かを幸せにしなければいけない。」

というのは実は「幻想」であり、それはできないことです。
(たとえばその相手が自分の子供だったとしても。)

どんな人でも、幸せにしてあげられるのは自分自身だけです。

自分自身が幸せになれば身近な人にも幸せが伝わります。
みんなが自分自身の幸せを真剣に考えれば、
みんな幸せということになりますね。

自分の人生を誰かのために捧げようとするのは、
自分自身の幸せと真剣に向き合うことからの「逃げ」です。

言い訳をしたり、逃げたり、かっこつけたりせずに、
まずは自分自身の幸せを真剣に考えてみてください。

あなたの幸せが一番大切です。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。