日記

ありがとうの魔法

目の前で起こっていることは同じなのに、
それをどう受け止めるかによって、
人それぞれに人生が大きく変わってくるのはおもしろいですね。

コップに半分だけ入っている水を見た時の事例が有名ですが、

「もう半分しか残っていない。」

と思うか、

「あと半分も残っている。」

と思うかによって、その人の生き方が分かります。
後者のほうが「幸せになれる人」ですよね。

ネガティブな思考からはなかなか良い行動が生まれませんが、
ポジティブな思考でいると失敗さえもプラスに変えられます。

そして、どうやったら常にポジティブな思考をすることが
できるようになるかと言いますと、それは、
どんなに小さなことに対しても

「ありがとう。」

という気持ちを持つことです。

そのような気持ちを持てないという疲弊した状態の時には、
まず騙されたと思って、「ありがとう。」と
声に出して言ってみましょう。
たったそれだけで、自分の中に大きな力が湧いてくることに
お気付きいただけるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。