日記

いちごのデザート

昨日は久しぶりの休日だったので、
青葉台を散歩して果物屋さんでおいしそうな苺を買い、
家に帰って「いちごのデザート」を作りました。
苺は香りがいいですね。
植物学では「バラ科」に属するそうなので、
香りが良いのも頷けます。
苺は甘みがあるため、果物と思われていることが多いですが、
実は草本性の植物であるため、野菜として扱われることもある
ということは、意外と知らない人が多いのではないでしょうか。
僕は男のくせに甘いものが大好きなので、
このように甘いデザートをほおばる瞬間が至福の時なのです。
今、ある劇団から作曲を依頼されていて、
その締め切りが明後日なので、今日はこれから音楽作りです。
テーマは「自分だけの美しい宝石」。
それは「恋人」かもしれないし「大切な家族」かもしれません。
「親友」と答える人もいるかもしれないし、
実際に「ジュエル」とか「お金」と言う人もいるでしょう。
僕にとっての「宝石」はいったい何なのか、
想いを馳せながら、音符を組み立てていこうと思います。
20090216_いちごのデザート.jpg

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。