日記

いよいよクランクイン

僕が音楽を担当させていただく映画『アンダンテ 稲の旋律』が
いよいよクランクイン(撮影開始のこと)します。
これからの数ヶ月間、
シナリオと五線紙と鉛筆とピアノとパソコンを前に、
過酷な創作の日々が始まります。
映画『アンダンテ 稲の旋律』は、
心に病を持った主人公「千華」が、人とのつながりの中で
次第に人間性を取り戻していく物語。
主演は、この映画が映画初出演となる新妻聖子さん。
美しく聡明で、素晴らしい歌唱力の持ち主でもあります。
きっと素敵な演技を見せてくれると期待しています。
そして、たくさんの名役者さんが脇を固めています。
筧利夫さん、秋本奈緒美さん、村野武範さん、中条きよしさん、
松方弘樹さん他、とても豪華なキャスティングです。
僕も役者の皆さんに負けないように、一音一音に魂を込めて
丁寧に丁寧に音楽を作っていきたいと思います。
半年前に97歳で亡くなった僕の祖父は、
青森県でお米を作っていました。
その孫である僕は、
大好きだったおじいちゃんと全く同じ気持ちになって、
春の大地に音の苗を植え、そして実りの秋には、
素晴らしい音楽の稲穂を収穫できるように、
がんばりたいと思っています。
さあ、作るぞ。
映画『アンダンテ 稲の旋律』公式ホームページ

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。