日記

おにぎり愛

おにぎりは、人と人をもっとも強く結びつける食べ物だと
思いながらいつも食べています。

大きさや、握った時の力によるお米とお米の締まり具合など、
それを作った人の想いがストレートに伝わります。

映画『千と千尋の神隠し』で、千尋がおにぎりを食べながら
涙をポロポロこぼして泣くシーンがありますが、食べると
安心感や優しさが胸にこみ上げてくる不思議な食べ物です。

子供の時には、友人のお母さんが握ったおにぎりは
あまり食べたくはありませんでした。
自分のお母さんが握ったものではなければいけなかったのです。
きっと他のお友達もみんなそれぞれにそうだったことでしょう。

おにぎりは、お母さんと子どもをつなぎ、
恋人や夫婦をつなぎ、そしていつか他人同士をもつなぎます。

握った人とそれを食べる人とを無意識のうちにつなぐ、
世界で一番の魔法の食べ物です。

おにぎりの中に入っているもっともおいしい具は「愛」です。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。