日記

お仕事はみんなでやる

ひとつのお仕事は、たくさんの人が関わって成り立っています。

たとえば、10万円で音楽を作るお仕事があったとします。
これを作曲家に発注した場合、作曲家はたぶん

「僕が一人で音楽を作るのだから10万円全部欲しい。」

と思うことでしょう。もちろん口には出しませんが。
(たまに口に出す人もいますが(笑)。)

しかしながら、それを作曲家に発注する以前に、
すでに動いている人がいるわけです。

お客さんに信頼していただき、
何とか注文してもらえるように働きかける、
いわゆる「営業」というお仕事ですね。
(これがなかなか大変なのです。。。
特に傷付きやすい作家タイプの人間は苦手とする分野ですね。)

この「営業」をする人の力があってこそ、お仕事として成立し、
やっと作曲家に発注することができるというわけです。

また、出来上がった音楽をお客さんに試聴していただき、
修正のご希望を訊いたりする大切なお仕事もあります。
(作曲家はプライドが高く傷付きやすい人種ですので、
自分の作った音楽をいろいろ言われることに恐怖すら
感じていますので、このように間に入ってくれる
パートナーの存在は欠かせないのです。)

無事納品となった後も、お客さんへ請求書を発行したり、
そのお仕事が生み出した税金を税務署に支払ったりする作業など
手際よくやってくれる人の存在があるからこそ、
ひとつのお仕事として成立しているのです。

お客さんからいただいた報酬は、
そのお仕事に関わった人みんなで分け合うのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。