日記

お化けは心のマネージャー

いつの間にかハロウィンが日本でも大々的なイベントになり、
販促のためのイベントを常に欲している商業者たちの狙い通りに
なり、町はジャックオーランタンのオレンジ色で賑わっています。

日本の妖怪もそうですが、お化けは幽霊とは違って、まったく
怖くはなく、どこか可愛らしい感じさえするものです。

特に日本のお化け(=妖怪)の考え方の根底にある、

「どんな物にも魂が宿っている」

という思想は、生活をする上でも大いに役立ちます。

まず物を大切にする気持ちが生まれ、愛用している品物に対して
は擬人的な愛の感情さえ生まれてきます。

また、出来心から何か後ろめたい行動をしようとした時に、
誰か(何か)に見られているように感じてそれが抑止力となった
り、あとちょっとのがんばり踏ん張りが欲しい時に仮想の存在に
祈ることで大きな力を得たりすることができます。

お化けは、我々人間の心の中の悪のベクトルを鎮め、
善のベクトルを増大してくれるのです。

お化けは心のマネージャーであると言っても良いでしょう(笑)。

今日の音楽

ゴースト/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。