日記

お客さんと共に良い結果を

お客さんからご依頼いただけたら、まずはお客さんのお困り事を
「解読」するところから始めなければいけません。

お客さんのお困り事に耳を傾け、自分の持っている技術で
解決して差し上げることはできないかどうかじっくり考えます。

お客さんは、それが自分ではできないから相談をしてくれている
のですから、こちら側から歩み寄る姿勢が大切ですね。

専門的なことをあれこれ尋ねたり、選択させたりというのは、
仕事をする側のエゴですので、お客さんに分かりやすい言葉で
丁寧に説明してあげることが必要です。

そして、仕事の最終目的は、
良い結果を出してお客さんに満足してもらうことですので、

「お客さん、あの時、こう言いましたよね。
 お客さんの言う通りにしただけです。
 私たちに責任はありません。」

などというのは良くないですね。

お客さんは素人だからプロに依頼してきたわけで、
素人であるお客さんの言う通りにしか仕事をしないのであれば、
それはプロとは言えないでしょう。

お客さんの言う通りにすることが大切なのではなく、
お客さんとコミュニケーションをしながら、
「共に良い結果を生み出す」ということが大事なのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。