日記

お客さんを信じる

先日、ある新作映画のプロジェクトミーティングに
参加させていただいたのですが、

「表現に説明が多過ぎると、言いたいことだけを言って去る
 というような、自己満足的な作品になってしまう。」

ということを出席者の一人が発言しまして、成程と思いました。

作る側としては、作品を受け取ってくださるお客さんに
理解してもらいやすいようにと、
ついつい説明し過ぎる傾向があります。

そのことが、お客さんから「考える自由」を奪い、
作り手の考えの「押し付け」になってしまうのかもしれません。

しかしながら、あまりに説明不足では

「何だかよく分からなかった。」

という作品になってしまいますし、
そのバランスがとても難しいところですが、
お客さんのことをもっと信じてみても良いのだと思いました。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。