日記

お年頃

歳を取るに連れて、食べ物の好みがだいぶ変わってきました。

以前はあまり進んで食べることはなかった、お魚、ごぼう、
黒胡麻、小豆(おしるこ)、ワサビ、梅干し、お漬物などを
好んで食べるようになりました。
36歳にしてすでにおじいちゃんの食卓です。

しかし、以前のように、ハンバーグ、ガッツリお肉、揚げ物、
マヨネーズ、バターなども変わらず大好物で、結局は、
何でも美味しく食べるようになってしまったわけです。

油と塩分の摂り過ぎが命を縮めるとよく言われますので
気を付けてはいるのですが、油って本当に美味しいですよね。
美味しいものの多くは油や塩分でできています。

「人間の身体は食べたものでしか作られない。」

と偉い栄養士の先生がおっしゃっていたのを
聞いたことがありますが、そんな当然のことを忘れがちです。

身体(心も含めて)は、口にした物だけから作られるのです。
油ばかり食べていると脂っこい身体と、
脂肪の付いた心が出来上がります。

気を付けなければいけないお年頃です。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。