日記

お酒について

僕はお酒を飲んでもあまり酔い乱れるということはなく、
周囲の人が驚くくらいたくさん飲めます。

しかし、お酒が好きでたまらないというわけでもありませんので
まったく飲まずにいても平気です。

現にこの数年間、お酒を飲んだのは1年に1日か2日という事実が
あって、自分でも驚いています。
東北の震災があってから飲まなくなった気がします。

僕はウィスキーやバーボンが大好きで
以前は家にボトルがいくつか置いてあって
毎晩ストレートやロックで飲んでいましたが
もう家には1本もボトルが無くなってしまいました。

寒い季節に飲むお酒は美味しいものですし、
映画を観たり、音楽を聴きながらお酒を飲むと、
シラフで鑑賞するのとはまた違った感慨を得られるものです。

また、お酒は物事を深く考えたい時にも良いですね。
酔うと「思考が鈍る」と思われがちですが、
鈍るのは行動やろれつなど肉体的なことであって、
精神的には逆にクリアになって、
普段は気が付かない感情を発見したりします。

気持ちが大きくなって心のブレーキもはずれ、
自分で自分を囲っていた見えない壁を壊すこともできますね。

そして、思考は、限りなくクリアな世界へ深く深く広がります。
だいたいは良くない方向に突き進むものですが(笑)。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。