日記

くちづけ

インドの人たちは、ペットボトルに口をつけないで飲むという
習わしを持っていて、その理由は、インドでは、
「水はみんなのものである」という共通認識があり、
一つのボトルや水差しを、他人とシェアすることが
普通だからだそうです。

ひとつのボトルをみんなで使う、水はみんなの共有資源、
という考え方はとても素敵ですね。

しかし、このインド流の飲み方はとても難しく、
影響されやすい性質の僕は早速ペットボトルの水を飲む時に
実践しているのですが、水が口からそれて顔がびちゃびちゃに
なったり、鼻の穴めがけて水が勢いよく注ぎ込まれ、
大変な目に遭いました。

インターネットで調べてみたら、やはりコツが要るようで、
それは、首を想像以上に垂直に傾けて飲むことだそうです。
そして、口も想像以上に開けることだそうです。

インドの人たちは、立ち止まって静止状態ではもちろんのこと、
歩いたり、走ったり、車を運転しながらだったり、
この飲み方をスムーズにできるそうで、見習いたいものです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。