日記

げきばん!

弊社は主に法人様がプロデュースした映像作品の
サウンドトラックを制作させていただくことが多いのですが、
昨今、YouTubeやニコニコ動画の発展によって、
個人の方でもかなりクオリティーの高い映像作品を作る方が
増えてきまして、個人のお客様からサウンドトラック制作の
ご依頼をいただくことも多くなりました。

サウンドトラックというのは映像に付けられるBGMのことですが、
映像には音楽の他にも、効果音(ドアの音や足音など)や、
ナレーション(女性の声や男性の声、はたまたロボットの声など
いろいろありますね)など、他の音要素もたくさんあります。

「映画は音で感動する。」

というYAMAHAのスピーカーのCMがあったと記憶していますが、
まさに映像コンテンツは音で感動を膨らませることができます。

映像作品のサウンド部分を構成している

◆音楽(BGM)
◆効果音(SE)
◆ナレーション(VO)
◆編集(MA)

という全ての要素を一括してお手伝いさせていただく
『げきばん!』というサービスを始めました。

「げきばん」というのは漢字で「劇伴」と書きまして、
劇の伴奏、つまり映像や演劇などに付けられる音楽のことです。

思い出のホームビデオを映画のような素敵な雰囲気にしてみたい
というご要望や、自分の考えや想いを映像作品で表現してみたい
というご要望がございましたらぜひご依頼くださいませ。

素敵な作品に出逢えますことを楽しみにしております。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。