日記

げきばん!

サウンドトラックと言いますと以前は「映像の王様」と言われる
映画や、テレビドラマなどに付けられる音楽のことをさしていま
したが最近は、YouTubeで活用する動画コンテンツの音付けや、
ソーシャルゲーム、スマートフォンのアプリに付ける
音楽や効果音のご依頼がとても増えてきました。
時代の移り変わりを実感しています。

YouTube用の動画が、映画という大きな映像作品には敵わないと
いうことはさておいて、ニーズが高まっているのは事実です。

おもしろい動画、感動的な映像作品を作ってYouTubeに上げ、
そこで視聴者を増やし、サイトへのトラフィックを獲得します。
YouTubeの動画の下にはテキストを書き込めるようになっていて、
そこに会社や商品のホームページのURLを書き込むことによって、
アクセスを稼ぐという方法が今は主流になっているのです。

また、最近では通勤の時や暇な時などにスマートフォンで
ゲームをやっている人がとても多いですね。
そういうゲームのための音楽やアプリケーションの効果音など、
映画やテレビを超える新しいニーズが生まれているために、
僕が日々行っている営業活動のリストも、映画制作会社よりも
新興のIT会社の名前が増えてきました。

【宣伝ごめんなさい】
お値段据え置きで消費税増税前よりもお得になりました!
音楽・効果音・声で作品を演出します。
オリジナルサウンドトラック制作サービス『げきばん!』

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。