日記

たくさんの人の手垢がついた作品

今は映画でも音楽でもパソコン一台あれば
たった一人でも高品質なものが作れてしまう時代です。
しかしここで言う「高品質」というのは機械的な側面であって、
画面がきれいだとか、いろんな音が出せるとか、
そういったことにとどまります。

技術が進歩し、何でも一人でできるようになったからと言って
良い作品がどんどん生まれるかというとそうではありません。
演出に偏りがあったり、表現が独りよがりだったり、
あまり良くない方向へと突き進むことが多いものです。

困ったことに、きれいな画面、きれいな音が簡単に出ますので、
何となく「作品っぽく」なってしまうのが危険なところです。

多くの人に楽しんでもらえるような素晴らしい作品は、
たくさんの人の手垢が付いているものです。

作品に関わっているプロたちの意見のぶつかり合いや力の結集、
客観的な視点で率直な意見をぶつけてくる人たち、
いろいろな立場の人がいろいろなことを言い、時には喧嘩をし、
それらは全部、その作品をもっともっと良くしようという
共通目標をみんなで持っているからこそです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。