日記

たったひとつの言葉

今、日頃お世話になっているプロダクションから依頼されて、
所属タレントさんのCD用の楽曲を作っているのですが、
歌というのは、もしかしたら「たったひとつの言葉」を
言いたいがために存在するのでは、という気がしています。
練りに練られた詞の中の「たったひとつの言葉」。
その「たったひとつの言葉」に向かって、
その他の言葉たち全部、メロディーラインのあらゆる起伏、
趣向を凝らした伴奏のアレンジなど、楽曲のすべての要素が、
その一点に注ぎ込まれるように設計されていきます。
楽曲を構成しているありとあらゆる「音楽的演出」に乗せて、
その「たったひとつの言葉」が聴者の心に届いたのなら、
その歌は成功したと言えるでしょう。
(これが実は簡単なようですごく難しい作業なのです・・・・・・
大抵は、過剰な演出やその他の意図しない不可抗力によって、
その「たったひとつの言葉」は脇道に逸れ、
心へ通じる道からはずれてしまいます。)
作者は、このことに細心の注意をはらって
創作しなければいけません。
「たったひとつの言葉」を、
「心にお届け」しなければいけません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。