日記

できないことではなくできることに目を向けよう

この世には、「人間ができること」と、「人間の力では絶対に
できないこと」があります。

自然災害に対しての備えをしておくことは人間にできますが、
自然災害自体を封じ込めることは人間の力ではできません。

素敵な人との出逢いはいつやってくるのか、仕事のチャンスは
いつめぐってくるのか、自分は幸せになれるのか、、
それは人間の力では操ることのできないことです。
しかし、それを心で待ちながら、その瞬間がいつ訪れても良い
ように、日頃から準備をしておくことはできるでしょう。

ところが、不思議なことに人間は、
「人間の力では絶対できないこと」に執着し、
「人間ができること」を疎かにする傾向があります。

「人間」を「自分」に置き換えてみても同じです。

すなわち、「自分の力では絶対できないこと」に執着し、
「自分ができること」を疎かにする傾向があるのです。

「ないものねだり」「隣の芝生は青く見える」という言葉の通り
自分にできないことにばかり新鮮さを感じて、自分にできること
はつまらないことに思えてしまうからでしょうか。

「できないこと」への執着心を捨て去り、身軽になって、
その分のエネルギーを「できること」の精度を上げるために
使うことができたなら、どんなに良いでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。