日記

できる/できないスイッチ

昨日もちょうどご縁のあった方と話していたのですが、

「夢は、叶うと信じることができさえすれば、必ず叶う。」

という風に僕はいつも思っています。

そんなはずはないとか、叶うと信じただけで叶うのなら簡単だ、
などとおっしゃる方がいますが、それは大きな間違いで、
そもそも、

「叶うと信じる」

ということの難しさをご理解いただけていないのだと思います。

夢が叶うと信じることはとても難しく、
なかなかできるものではありません。

頭で信じて、

「信じる」

と声に出して宣言してみたところで、
心のどこかで少しでも疑ったり不安に思ったりしたら、
すべて台無しになってしまいます。
全身全霊で信じるというのはとても難しいことなのです。

何の疑いも持たずに、まるで水が静かに流れるように、
とても困難なことを成し遂げられてしまうことがあります。
後になって振り返ってみると、

「よくあんなことができたものだ。」

と驚くほどのことがすんなりできてしまいます。

それは、そのことが「できない」と微塵も思っておらず、
「できる」とだけ全身で信じていたからできたのです。

自分の夢や憧れにそのように対処することができたら
どんなに良いでしょうね。

誰もが心の中に「できる/できないスイッチ」を持っていて、
ほとんど多くのことについて「できない」のほうに
スイッチが入ってしまいます。
「できない」のほうに力が働きやすいようになっています。

そのせいで、

「自分は何もできない。」

とすぐに落ち込んでしまいます。

これを意識的に「できる」のほうにスイッチさせられるように
なるには訓練が必要です。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.