日記

とりあえず向きを変えよう

人間は不思議なもので、自らの身体を動かして行動する時に、
そこに自ら障壁を設置して動けなくしてしまうことがあります。

自分で自分に限界を作って、行動をしない理由を並べます。

そして、

「やっぱりわたしにはできない。」

と自分で自分に判決を下してしまいます。

つまりよく言われるように、

「最大の敵は自分自身」

ということになりますね。

力を抜いた自然の状態だと、
そのような「後ろ向きの思考」に自動的になってしまいます。
人間のデフォルトはネガティブ・シンキングなのですね。

それを乗り越えるためには、
「意識的に思考を変える」必要があります。

何か新しいことを始めたいと思う時、心がすぐに折れたり
しないように、意識的に「できる自分」を思い込みましょう。

そして、臆病や失望に落ち込みそうになったら、
気持ちを楽にするために、以下のように考えてみましょう。

「一歩も進まなくていい。
 同じ場所でくるりと向きを変えるだけでいい。」

つまり、進歩を急ぐ必要はないのです。
同じ場所に立ったままで、後ろ向きから前向きに
方向を変えるだけで、それは大きな飛躍となるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。