日記

ひげ剃りでお肌を傷める

男子は毎朝ひげを剃るのですが、
それに伴うお肌の傷みが悩みの種です。

剃刀の刃でやわらかいお肌をジョリジョリと削るのは、
皮膚の表面をいじめているのと同じで、
齢を経るにつれて悲しい結果が表れてくるそうです。

僕は色白な人間で、たった一日でひげの「青々」が目立つため
それを防ごうと意地になって剃刀の刃に力が入り、
お肌をかなり傷めています。

ひげを剃らない「ひげ休みの日」は、
お肌がみるみる回復していくのが自分でも分かります。

必要だから生えているのでしょうから、
エステで脱毛してしまうのも何とも物悲しい気がしますので、
なるべくお肌を傷付けない剃り方を模索しています。

僕は剃刀を使って剃っているのですが
最近の電動カミソリはどうだろうかと思っています。

以前の電動カミソリは、
剃った後にひげの「青々」が逆に目立ってしまい不評でしたが、
今は5万円くらいのものを買えば、美しく剃れて、
それでいてお肌を傷めることがないのではと期待しています。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。