日記

ひとつのことに集中する人

先日読んだある本の中に、

「人はひとつのことを専門としているうちに、
 どこか気狂いじみてくるものです。」

という一文がありました。

人間はひとつのことに打ち込んでいると、
生活のすべてがその一点に集約されてきます。

ご飯を食べていてもぼんやりとそのことを考えていたり、
目にする情報すべてをそのことに結び付けて考えます。
気もそぞろになって人の話を聞いていないような感じになるし、
目の前の障害物に気が付かずに転ぶこともあるでしょう。
周囲から見るとまるで変人です。

僕がこれまでに出逢ったある特定の一分野に優れた人は、
みんなそういう人でした。

世の中の多くの人はそれほど深くその道を追求することなく、
そのこととある程度の距離感を持って生きていて、
日常生活に支障をきたすことはあまりありません。

しかしそのことに夢中になっている人は、
日常生活からは完全に逸脱して、独自の世界に生きています。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。