日記

ふりきれた表現

表現においては、

「ふりきれている」

ということがもっとも重要だと思っています。

右でも左でも構わないので、どちらかにふりきれていることが
大切であり、中間地点をふらふらと右往左往しているのは
あまり良くありません。

表現したいこと、たとえば「静けさ」を表現したいと思ったら、
それをとことん追求して、「純度100%の静けさ」を表現しなけ
れば意味はありませんし、「汚なさ」を表現したいと思ったら、
「純度100%の汚さ」を目指さなければいけません。
(「純度100%の汚さ」が実現したら、きっとそれは
とても美しいものになるでしょう。)

「ふりきれた表現」というのは、作り手の熱い想いであり、
明確なビジョンであり、強固な意志の証です。
作る前に、気持ちがしっかりしていないといけません。

作る過程でちょっとでも別なものが入り込んで純度が損なわれ、
曖昧なものに堕してしまうのを避けなければいけません。

ふりきれた表現を実現するためには、液体を濾過するように、
何度も何度もフィルターを通しながら作らなければいけません。

表現したいものの極限まで自分をにじり寄せていく感覚です。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。