日記

まず選んでみよう

身のまわりのことすべて、自分がとる行動のすべてに、
自らの全神経を注ぐ必要はないと思っています。

それは、

「本当に集中したいこと」

へのパワーが弱まってしまうことにつながりますし、
何よりそんなことは不可能だと言ってよいでしょう。

朝起きてから夜眠るまでの間に、
やらなければいけないことはたくさんありますね。

仕事、日常生活のこと、家族のこと、ずっとやりたいと思って
いたこと、趣味、勉強、好きなこと。

それらの中から一つ、全神経を注いで燃えたいと思うものを
まずは選びましょう。

選ぶには勇気が要ります。あるものを選ぶというのは、
他のものを捨てるということになるからです。

しかし、この「選ぶ」ということをしただけで、不思議なことに
頭の中がすっきりしてくることにお気付きいただけるでしょう。

そして、無意識のうちに、自らの中で各行動に注がれる
エネルギーの分配が始まります。

まず、選ぶこと。

これをしてみましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。