日記

なまけもの

人間は頭で分かっていてもせっぱ詰らなければ行動できない
なまけものの習性を持っていますね。

原発は以前からあるのにごく一部の人を除いて多くの人たちは
このような事態になって初めて批判し始めましたし、
エコの大切さ、人と人とのつながりの大切さは
以前からよく知っていたはずなのに、このような事態になって
やっと自分のこととして受け止めるようになりました。

明日、自らの命が尽きると知っていたなら、
今日という一日をどれほど大切に生きられることでしょう。

世の中で素晴らしいことを成し遂げている人というのは、
そんな「せっぱ詰った感」を自分自身でコントロールし、
自由自在に「自分を追い込むことのできる人」です。

せっぱ詰っていなくても、せっぱ詰ったように思い込むことが
できますので、行動が加速するのですね。

しかし、緊急事態でもないのに緊張感を持つ、というのは
なかなかできることではありません。

人間はみんな甘えん坊ですから、今の状況に安堵してしまい、
重い腰をなかなか上げようとはしないのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。