日記

アイディアややり方を知るだけでは実現できません

僕は、頭に浮かんだアイディアをすぐに口に出してしまうため、

「それは言わないほうがいいよ。
 すぐに真似されるから、もったいないよ」

と言われることが多いのですが、アイディアなどというものは、
思いついた瞬間に世界中で3人は同じことを発想していると言い
ますし、時間の経過と共にその数は増加していくでしょうし、
インターネットや書籍を通じていつでもどこでも誰でもアクセス
できるようになります。

そのため、現代ではアイディアを出し惜しみすることは、
ほとんど意味のない行為であると言って良いでしょう。

なぜなら、アイディアというものは、個人的な実践の積み重ねを
経過しなければ、決して実現することはないからです。

アイディアにアクセスできる機会はたくさんあるにもかかわらず、
それを自分のものにできる人はごく僅かです。

たとえば、本屋さんに売っているノウハウ本を読んだとします。
そこに書かれていることと100%同じことをやってみたとしても、
きっとうまくはいかないでしょう。

うまくいくのはその本の著者一人です。

物事は、技術の研鑽と同時に、自分なりのやり方や心構えの研鑽
とセットで積み上げていかなければならないからです。

そして、自分なりのやり方や心構えというのは、誰かに教えて
もらうのではなく、自分一人で実践を重ねていくことでしか
得ることはできません。

ノウハウ本を読むところまでは簡単にできるのですが、実践を
積み重ねていく段階で心が折れて止めてしまう人が多いのです。

今日の音楽

モンスーン/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。