日記

イザナギTaROさん

イザナギTaRO(いざなぎたろう)さんという歌い手がおります。
心に響くテノールに加え、透き通るようなハイトーンを操り、
様々なジャンルの曲を歌います。

彼は、大きなステージで歌ったり、
ラジオやNHKにも度々出演したりしますが、
福祉施設などを頻繁に訪れて慰問で歌ったり、
ショッピングモールなど商業施設でのイベントなどにも喜んで
出演し、場所を問わず素敵な音楽空間を提供しています。

不思議なことに、彼の歌を聴いたほとんどの人が涙を流します。
人の心の奥底に響く歌を歌える稀有な歌手です。

自然をテーマにした壮大な曲や、
親に対する愛、子供に対する愛に満ち溢れた美しい子守歌などの
オリジナル曲の他に、『赤とんぼ』や『ふるさと』などの童謡、
『アベマリア』などのクラシックの名曲も歌い上げます。

やさしく語りかけるようなステージトークもまた好評です。

音楽会をプロデュースさせていただきますので、
ご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひお声がけいただければ幸いです。

◆イザナギTaRO
http://soundjewel.symphie.jp/pre/izanagitaro/

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。