日記

ギャップに注意してみよう

異なる食感のものを口の中で同時に味わうと、
人は「美味しい」と感じるようです。

昨日喫茶店で食べたパフェも、珈琲ゼリーやバニラアイスの中に
細かく砕いたナッツが入っていて、ゼリーやアイスの滑らかな
食感に、それと相反するナッツのカリカリ感が加わって
とても美味しいと感じましたし、朝に食べるサラダが、
レタスやトマトだけの時よりも、ナッツが少し混じっていると
殊更美味しく感じます。

アイスクリームも、固いチョコレートでコーティングされたもの
や、ナッツがまぶしてあるものなど、美味しく感じますね。

味覚もまた「ギャップ」を好みます。
西瓜に振り掛ける塩、苦いコーヒーとチョコレートなど、
相反する味の融合が、美味しさを創り上げています。

男性の顔の中に女性的な部分があったり、女性の顔の中に
男性的な部分があると、美男美女と呼ばれることが多いですし、
いつも怖い人よりも、いつもは優しい人がたまに怒ると
とても恐ろしく感じるように、この世の中で心理的に
大きな影響(効果)を生み出すのは「ギャップ」のようです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。