日記

クオリティとスピードを上げよう

プロというのは「ある水準以上のクオリティのものを、
与えられた期限以内に、いかなることがあろうとも提供する人」
のことを言いますが、もちろんこの場合の「ある水準以上のクオ
リティ」というのはアマチュアの方のはるか上に設定されるのが
基本ですし、「与えられた期限」というのもアマチュアの方の
10分の1以下で実現できなければプロとは言えないでしょう。

クオリティも良く、施行スピードも速く、なおかつ
そこにプラスアルファの「新しさ」もおまけで付けてあげられて
ようやくプロの最低レベルをクリアするという厳しい世界です。

これは何も音楽やその他エンターティメントに関することだけ
ではなく、この世のすべてのお仕事について言えるでしょう。

書類を作るお仕事、お掃除をするお仕事、橋を作るお仕事、
珈琲を淹れるお仕事、病気を治療するお仕事、教えるお仕事、
家をきりもりするお仕事、悩みを解決するお仕事など、
どんなお仕事であっても同じことです。

お仕事をする人は自分のやっていることのクオリティとスピード
を向上させることを常に意識しているでしょうか。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。