日記

クライアントが望む音楽

自分の作りたい音楽を作りたいように作るのは、
プロでもアマでもそれは完全な「趣味」と言って良いでしょう。

それはあくまでも「自己音楽の研究発表会」であり、
「個展」です。

人様のお金を使ってやることではなく、自分のお金、もしくは、
作られる作品に対して何の望みも持っていない懐の大きな(笑)
スポンサーの資金援助で行えばいいのです。

音楽制作を「依頼」された場合は、
「クライアントが欲しい音楽」というものをあれこれ想像して、
それを極限まで追い求める必要があります。

たとえ自分の作りたい音楽とは方向性が違ったとしても、
途中で投げ出したり自分の好きな方向へ進路変更したりはせず、
最後までその戦いを戦い抜き、
クライアントの代わりに、あちら(美の世界)から、
クライアントの求める音を「狩猟」してこなければいけません。

しかし、多くの仕事をしていますとごくたまに、
クライアントが欲しい音楽と自分が作りたい音楽とが
同じ道の上にあるという幸運に恵まれることがあります。
プロとしてはすべての仕事に等しく力を注がなければいけないの
でしょうが、プロである前に人間です(笑)。
そんな時はやっぱりいつもよりも張り切ってしまいますね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。