日記

シンプルにするには集中力が必要

創作においても、仕事においても、生活のことでも、
複雑にするよりも簡潔にすることのほうが難しいものです。

感情にまかせてありとあらゆるものを詰め込んだり、
あれもこれもやろうとしますと、結局はごちゃごちゃして
何が何だか分からないものになってしまい、それを受け取る
第三者には、全く伝わらないものになってしまいます。

つまり、相手に何か伝えようとする時には、
できるだけシンプルにするよう心掛けることが必要です。

そして、この「シンプルにする」ということが、
一見すると簡単なようですが実はとても難しいのです。

混沌とした複雑なもののほうが作るのが難しく、
シンプルなものは簡単で、作業が楽だろうと思われがちですが、
実はそれは逆で、シンプルなもののほうが作るのが難しいです。

シンプルと手抜きは意味が違います。

分かりやすく言いますと、複雑で混沌としたものが持っている
すべての機能を、シンプルなものは持っています。
しかし、手抜きしたものは持っていません。
その違いですね。

そして、その「物事をシンプルにする」作業には、
とてつもない集中力が必要です。

ごちゃごちゃと積み上げたブロックをひとつずつはずしていき、
それでも倒れないように崩れないようにするゲームがありますが
感覚的にはあれに似ています。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。