日記

スマホで投票

国の最大のお祭り(政)である衆議院選挙が終わりましたが、
今回の投票率が59%と戦後最低となったそうです。

まず、いかなる理由があったとしても、今回投票しなかった人は
今後、日本の政治運営に関して不平を言うことはできません。
選挙に参加した人だけが、不平を言う権利を有します。

投票したい人や政党がいなかった場合、
白紙で投票しても良いのですから、それすらもせず、
億劫がって選挙会場にも行かない、期日前投票もしない、
代理投票もしない、そのくせ政治にはモノ言いたいというのは、
単なる我儘人間ということになってしまいます。
投票は国民の「義務」ではなく「権利」ですので、
それを放棄した人に、「不平を言う権利」はないのです。

スマホで個人認証、ワンタップで投票完了と、
近い将来なってくると思いますが、そうなれば、
国の行く末よりも個人の事情を優先する日本国民の投票率は、
もっと上がるでしょうか。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。