日記

セクシーな夏

いよいよ明日から8月、夏も本番ですね。
海や山、プールなどは多くの人で賑わっていることでしょう。

僕は完全なるインドア人間ですので、
一日中部屋にこもって、アイスコーヒーを何杯も飲みながら、
ピアノを弾いたり音楽を作ったり不健康に過ごしております。

男はやっぱり日焼けをして歯だけ真っ白というのが
健康的でセクシーなものですが、僕は日焼けをすると、
黒くなるよりも赤くなる貧弱なタイプで情けなくなります。

最近では、メディアに水着写真が氾濫しているせいか、
女子の水着姿を見てもビビっとこなくなってしまいました。

むしろセクシーさを感じるのは、浴衣や夏の着物などです。
繊維の間から身体の陰影がほのかに感じ取れるように透けて、
後ろ髪が涼しげにこぼれた首すじなどは、
どんなにきわどい水着よりも刺激的だと思うようになりました。

日焼けでセクシーさを演出することができない僕は、
そんな女子たちの真似をして、
和服や浴衣で男の色気を出せないかと思っているところです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。