日記

チョコレートのようにおいしい演奏家たち

昨日、福岡の方から生演奏の依頼がありました。
「カフェのイベントでバイオリンのコンサートを企画したい」
とのことだったのですが、弊社の演奏家たちは皆
首都圏在住のため、「交通費がお高くなってしまいます」
とお伝えしたところ、「そうですか・・・」ととても残念そうな
声が受話器の向こうから聞こえてきて、ひどく心を痛めました。
僕の会社は、インターネット上で演奏家のプロフィールを
公開しているため、首都圏以外のお客さんからもたくさん
お問い合せのご連絡をいただきます。
たまに、
「交通費全額払うから、○○さん(希望の演奏家)を
 何としてでも派遣してくれ。」
というリッチなお客さんもいらっしゃいますが、
「往復の交通費のほうが演奏料よりも高い」となると
キャンセル・・・ということになってしまうことが多いです。
「演奏」というのは、その演奏家がその場所に存在しなければ
実現しないので、「生身の人間」を何としてでも
その場所に運ばなければいけません。
僕としても、遠方に演奏家を派遣したいのはやまやまなのですが、
どうしても交通費などのコストが高くついてしまいます。
首都圏だけではなく、日本全国から
素晴らしい演奏家を集めなければ!
と決意を新たにした一日でした。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。