日記

ネガティブエナジーの暴れ龍

人間社会では誰でも心理的ストレスを抱えています。

仕事がうまくいかない、お金がない、会社に嫌な人がいる、
友達関係が苦痛だ、失恋した、恋したいのにいい人がいない、
奥さんと喧嘩した、旦那さんの存在自体が苦痛だ、
子供がいうことをきかない、などと枚挙に暇がありません。

そしてそのストレスは強いネガティブエナジーとなって
身体に蓄積し、やがて暴れ龍のように出口を探し始めます。

その暴れ龍は、大抵、人の口から出ていきます。
誰かの悪口、乱暴な言葉、汚い言葉、延々と続く言い訳、
どうせ、だって、でも、わたしなんて、もう、うんざり、
死ね、などというネガティブエナジーたっぷりの言葉となって
その人の口から放出されます。

そして放出された暴れ龍は、
その周辺にいる人を攻撃し始めるので困りますね。

「ガス抜き」という言葉がありますが、
不機嫌なオーラを発することや、誰かの悪口、言い訳などは、
ガス抜きした本人はすっきりするのかもしれませんが、
周囲の人を不快にさせてしまいます。

近くの人がイライラしてその不快感が周囲に及ぶような時には

「ガス出てるよ。」

と言ってやりましょう。

しかし、それならば人に迷惑がかからないように
ガスを出さなければ良いのかというとそうではありません。

ガスを出さないように堪える人、ガスを出すことのできない人、
そういう人はネガティブエナジーの暴れ龍が行き場を失い、
その人の内部で暴れ続けるので、心の病気になってしまいます。

人に迷惑をかけずに、また、自分の中にも貯め込むことなく、
上手にガス抜きをする方法を身に着けたいですね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。