日記

プロが作った作品が面白くない理由

小さな行動一つ取ってみても、それに取り組む真剣度が、
目には見えない熱量となってその行動および成果物に
明確に表れることを、受け手は潜在意識の中で感じるものです。

ある完成品を見た時、それはお土産物屋で売っている小物でも、
音楽でも料理でも同じですが、それにどのくらいの熱量が
込められているか、それをこしらえた人間がどのくらい真剣に
それを作ったかが、その物の技術的な出来映えとは別に、
直球を受けるように感じてしまうのは不思議ですね。

「上手にできているが伝わってこない」

「技術的には稚拙だがとても感動する」

というのは、それを作った人間の真剣度が伝達するからです。

「プロの仕事に面白味がない」

と言われるのも、そのことが理由でしょう。

つまり、面白い作品を作るためには、
機械的に仕事をするのではなく、自ら楽しんで、
真剣に遊びながら手掛けなければいけないのです。

今日の音楽

紫色の夢/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。