日記

プロフィールが美しい人

僕がやっている会社にはその仕事柄、演奏家や作曲家、
タレント志望の方、声優さん、グラフィックデザイナーさんなど
たくさんの方から毎日のようにプロフィールが送られてきます。

その内容はご経歴などが書かれたお手紙(メール)に加え、
ご自身の演奏を録音した音源やこれまで制作なさった作品などで
それを拝見拝聴させていただく時間は僕にとってとても楽しく、
今一緒にお仕事をさせていただいている方々のほとんどが、
こうやって出逢ってきた人たちです。

プロダクションによっては、送られてきたデモは開かずに、
倉庫にそのまま山積みになっているという話をよく聞きますが、
僕は素敵な人と出逢い、素敵な人と一緒にお仕事をしたいと
いつも思っていますので、送られてきたデモは
必ず聴かせていただき、良いと思ったら
お仕事のパートナーとして登録させていただいております。

しかしながら、中には「これからデモを送ります。」と
メールをくださったのに、いつまでたっても届かず、
そのまま音沙汰がなくなってしまう方もたくさんおります。
このような人というのは、自分自身のプロフィール資料を
送る段階ですでに挫折してしまっていますので、
この業界でお仕事をしていくのはなかなか難しいでしょう。

また、メールの書き方、ファイルの添付のしかた、
CDを郵送してきた宛名の文字、梱包のしかたなどを見ただけで、
もうどんな音楽をやる人なのか分かるようになりました。
内容を聴く前からその人の程度が分かってしまうのです。

封筒の文字や梱包のしかたが汚い人の音楽はあまり良くなく、
字がきれいだったりプロフィール資料が整っている人は、
その奏でる音楽やお作りになる作品も美しいものです。

自分のプロフィールを丁寧に扱えない人は、
自ずからその演奏や作品自体も丁寧に扱えないのでしょうね。

このようなことは、お仕事をやっていく上ではとても大切で、
その内容以前に必要なことです。
一見すると音楽には関係ないようなことであっても、
実はそこにその人の重要な部分が表れてしまうものです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。