日記

プロフィールを作れない演奏家

弊社は音楽を扱っている会社のため、
様々な楽器の演奏家の方から電話がかかってきます。

「一度オーディションして欲しい。」

と言われることが多いのですが、
まずは文章やお写真、演奏の音源などのプロフィール資料を
送ってもらうようにしています。

「分かりました。すぐに送ります。」

とおっしゃったにも関わらず、
その後まったく音沙汰が無くなる人がほとんどです。

自分自身のことを文章に書いたり、
きれいなプロフィール写真を撮影したり、
演奏をCDやMP3などの音源にまとめたりする作業は、
結構面倒なものです。
時間だけではなく、お金も多少かかるでしょう。

しかし、仕事というのは「面倒な作業」が当たり前であり、
その対価としてお代を頂戴するわけですから、
自分自身のいわば看板とでも言うようなプロフィール資料すら
作れなかったり、時間がかかってしまったりする人は、
どんな仕事も満足にすることはできないでしょう。

ましてや、送りますと言ったのに送らないというのは
仕事うんぬん以前の問題で、人間として心を入れ替えなければ
まずスタート地点に立つことすらできないでしょう。

音楽の仕事を「したい」という人はたくさんいるのですが、
それが「できる」人というのはとても少ないです。

「どうすればいいのか分からないのよ。」という人は、
まずは自分のプロフィール資料を丁寧に作ってみてください。
それですら相当根気の要る作業だと気が付くでしょう。
そこで挫折するようであれば仕事などできるはずはありません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。