日記

ベイビィフットくんの歌

3年ほど前にご縁があって出逢い、それ以来ずっと
僕に音楽制作を依頼してくださっている方がおります。

お孫さんが歌うことが大好きだということで、
その坊やのための曲を自ら作詞なさっています。

その方の書く詞はメッセージ性が強いものが多いのですが、
社会で問題になっていることなどを子供にも分かりやすく、
そしてまっすぐに心に届くような言葉と物語で描かれていて、
いつも感動しながら音をお付けしています。

これまでにもう5曲ほど制作させていただいたでしょうか。
歌はお孫さんご自身が歌っていらっしゃって、
子供らしい素直さと純粋さが感じられるとても良い歌声です。

「ベイビィフット」というアーティスト名も
とても可愛いですね。

一番最初にご依頼いただいた曲の時は、まだあどけない雰囲気で
「子供特有のろれつの回らなさ」があり、
それはそれで可愛かったのですが、
最近ではボイストレーニングをなさったり、録音もプロ用の
レコーディングスタジオで時間をかけて行ったりしており、
良い意味での余裕も感じられるようになりました。

この度、『君に』という新しい曲が出来上がり、
さらには、このお孫さんご自身で描かれた絵を使ったPVが
完成しましたので、皆様どうぞご覧ください。

君に/ベイビィフット

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。