日記

ミスタッチこそが芸術

本を読んでいると、たまに誤字を発見することがあります。

昨日読んだ本の中にも、「自分自身」を「自分自信」と
あったのを見つけました。

誤字があったからといって、
その出版物の価値が損なわれるかと言うと、
僕はそうは思いません。
ここには本当はこんな文字を入れたかったのかな、
などと考えることで、それが不思議なクッションになり、
その周辺の文章を愛おしく思えることさえあります。

音楽にも同じようにそういうことがよくあって、
たとえば名盤、名演奏と評価されている音源の中で、
音が一音間違っていたり、テンポが崩れていたりすることが
ありますが、それも含めて「名演奏」なのです。
音楽が、人間臭く有機的なものであるということを
感じさせてくれて、それが安心感や心地良さ
といったものにつながります。

音楽、特に生演奏においては、

「ミスタッチこそが、その人の芸術である。」

と言っても良いようなところがあり、
どんなミスタッチをして、そこからどうやって回復、
発展させようとしているかという部分に、
その演奏家の人間性が表れます。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。