日記

レコーディングが終わりました

親愛なる皆さん、お久し振りです。
ほぼ毎日のようにブログを書いていた僕が
今日までの約一ヶ月間、まったく更新しなかったため、
たくさんの方からご心配のメールをいただきました。
中には、「生きていますか?」とか「とても心配しています。」
などといった有難いお言葉もあり、うれしく思います。
大丈夫です、僕は生きております(笑)。
これまでの一ヶ月間、映画『アンダンテ ~稲の旋律~』の
サウンドトラック作りに全力を注ぎ、
睡眠時間は連日1時間程度という日々を送っておりました。
(以前ブログに書きましたが、僕はどこででも寝られますし、
何時間でも熟睡できるくらい、よく寝る人間なのですが、
この一ヶ月間は極度の睡眠不足でも苦痛ではなかったのです。)
楽譜を書いたりデモを作ったり、何度も作り直したりと、
「創作地獄」をたっぷりと満喫しました。
10月28日にピアノのレコーディングを終え、
11月4日にオーケストラを録り終えました。
このレコーディングで出逢った素晴らしい演奏家の方々、
そして運命的に出逢った才気溢れる女流指揮者の方に、
この場をお借りして深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。
これで今回のお仕事が終了したかと言えばそうではなく、
実はこれからが本番です。
ピアノとオーケストラを「素材として」録り終えましたが、
それを映画に貼り付けていく作業こそが
映画音楽のもっとも重要なお仕事だからです。
まだしばらくの間は「創作地獄」が続きます。
息尽きることなく、地獄の果てまで歩いてみようと思います。
◆・◆・◆・◆
写真は、市ヶ谷にある一口坂スタジオにて。
譜面を見つめながら苦闘している僕の写真と、
音の達人である山口さんと相談している写真です。
レコーディング.JPG
レコーディング.JPG

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。