日記

一期一会

「この人と会えるのは今日が最後。
 この人と話ができるのは今日が最後」

そんな想いで一つ一つの会合の時間を過ごしたいものですが、
実際に会っている間はそんなことは忘れてしまいます。

そうして後になってから、

「ああ、あの時が最後だったんだな、
 あの時話したのが最後だった」

と思って切なくなった経験は多くの人がお持ちでしょう。

「一期一会」というのは茶道の言葉ですが、
そのような心境を維持したまま人と会うのは至難の技です。

人と話していると、楽しさや安らぎ、駆け引きや欲望、
緊張や疑心暗鬼の想いに少なからず心が支配され、
その会合の機会自体に感謝して誠意を尽くすという
一期一会の精神は心の外に放り出されてしまいます。

今日会う人が、今日会うのが最後だったとしたら、
どんな話をしたら良いでしょう。

今日の音楽

いつも近くに/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。