日記

一生懸命さが感動を生みます

感動というものがどのようにして生まれるのかを考えてみますと
それは「真剣さ、一生懸命さ」ということと
無関係ではないことに気が付きます。

真剣な眼差しで何かに一生懸命になっている人の姿は、
それだけで人の心に感動をもたらしてくれますし、
音楽や映画などの作品においても、それを作った人の
熱の入れよう、一生懸命さが驚くほど作品に反映されます。

もちろん技術によって感動の仕掛けをすることもできますが、
それは真の意味で人の心を突き動かすものにはなりません。
メッキが剥がれるようにすぐにバレて白けてしまうか、
時の流れによって風化してしまいます。

プロが作った作品よりも素人の作品のほうが
感動することがよくありますね。
あれはその作品に込められた「一生懸命さ」が、
見る(聞く)人の心に伝わるからでしょう。

何かものを作ろうとする人は、テクニック云々の前に、
まずとにかく今自分にでき得る最大限の力で、
一生懸命取り組むことが大前提として必要になります。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。