日記

下を向いて歩こう

やらなければいけないことがたくさんある時、
それだけで頭がいっぱいになってしまって、
あっちに手をつけこっちに手をつけして結局どれも満足に
終えられない、というようなことがよくあります。

やることの分量が多い時、もしくは、やることの難易度が高い時
終着点である山頂を見上げてはため息をつき・・・というような
ことばかりしてしまうのです。

そんな時には、終着点である山頂を一度だけしっかり見て、
あとは目線を下に落とし、足元だけを見つめながら、
トボトボとゆっくり、しかし確実に歩いて行くと良いでしょう。

「どのくらいまで来たかな」

と、ふと山頂を目で確認したくなってしまう気持ちをぐっと
堪えて、足元だけを見つめながら一歩一歩歩いて行くのです。

「どんな大きなことも、
 具体的な小さなことに分解するとやりやすい」

ということを以前書かせていただきましたが、
それを実践するための心の持ち方であると言えるでしょう。

すると、自分でも思いがけない早さで、
目標である山頂にたどり着きます。

上を向いてばかりいては、気持ちが疲弊するだけで、
思ったように上手く進まないものです。

下を向いて歩くと確実に物事は進行します。

今日の音楽

禁じられた踊り(バージョン3)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。