日記

人を信じて賭けるのがプロデューサーの仕事のひとつ

自分が構想(妄想)しているものがあって、
それを実現しようと思った時に、それは音楽でも映像でも
イベントなどでも何でも良いのですが、
自分一人でやるよりも誰かとやったほうが良いものです。

それは、自分にはできないところを誰かに助けてもらうという
ことではなく、自分以外の誰かのニュアンスが混じったほうが
創造物に深みと広さが出るからです。

どんなことでも本気でがんばれば自分一人でできるでしょう。
時には人に頼むよりも自分でやってしまったほうが早いし、
楽だということもあるでしょう。

しかし、

「創造物に自分以外の誰かの香りを付け加える」

という大きな価値をもたせるために、自分にできることであって
も自分ではやらないようにする勇気が必要ですね。

もちろん、どんなことでもそうですが、この場合も、
その期待の多くは裏切られます。
思ったようなものに仕上がらず、結局は

「自分でやったほうが良かった」

と思うこともあります。

しかし、相手を信じて思い切って任せてみることで、
自分一人では到底不可能なものが出来上がる可能性があります。

作品やプロジェクトを企画する人間は、その可能性に賭けるのが
仕事のひとつであると言えるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。