日記

人生は一本の映画

人生は一本の映画のようなものだといつも思います。

たくさんの手強い敵が行く手を阻みますが、
絶体絶命の時に手を差し伸べてくれる味方も登場します。

時折訪れる幸せなシーンやハッピーエンドを輝かせるのは、
暗く悲しい、絶望的なシーンです。

このようなシーンがあるからこそ、
映画はおもしろく、ドラマチックになります。
下落シーンのない映画なんて、それはそれは退屈でしょう。

どんな苦しみもどんな悲しみも、それが映画のワンシーンであり
それがあるからこそハッピーエンドが引き立つのだと、
自らの物語をスクリーンごしに観ている
もう一人の自分を想像して、すべてを楽しんでしまいましょう。

あなたの映画が素敵なものとなりますように。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。