日記

仕事が捗るラジオ

テレビは本当に観たい番組だけを録画して貯めておき、
一週間のうちの一日を「テレビを観る日」に設定して、
その日に一気に観るようにしているため、
日常的にテレビに浸かるようなことはありません。
それは、テレビは、目と耳の両方を拘束してしまい、
他のことが一切できなくなってしまうからです。

以前書かかせていただいたことがありますが、
女性は「マルチタスク脳」を持っていますので、
テレビを観ながらでも家事や仕事を同時進行でできるのかも
しれませんが、僕は男性ですのでそれができません。
「テレビを観る」という行為しかできなくなってしまいます。
他のことをするには、テレビは邪魔になるわけです。

しかし、ラジオは違います。
拘束するのは耳だけであり、また、耳から入ってきた情報、
たとえば心地良い音楽などが、同時進行でやっている仕事の
速度アップに貢献したり、新しいアイディアの発想に
つながったりします。

今は、インターネットラジオの普及によって、
ネット環境にあるパソコンがあれば、高音質なラジオ番組を
いつでも好きな時に楽しむことができるようになりました。

日本では、NHKの「らじる★らじる」と、民法の「radiko」が
ありますね。

また、iTunesのラジオリストには、クラシック、ポップス、
ロック、ジャズ、シネマ、エスニック、カントリーなど
ジャンルごとの番組が聴ききれないくらいひしめいていますので
いつでも好きな時に、好きなジャンルの音楽を聴くことが
できます。

たとえば、美しいピアノ曲を聴いて心を落ち着けたいと思ったら
とりあえずiTunesを起動して、「インターネットラジオ」を押し
「Classical」というカテゴリーの中から「Piano」という言葉が
入っている放送局をクリックするだけで、その欲求は叶います。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。