日記

大切なのは技術よりも丁寧さ

僕の会社でご縁があって仕事を頼んでいる人を観察してみますと
仕事のできる人とできない人の違いというものは、
仕事そのものの能力の差ではなく、「丁寧さ」という
ただこの一点に尽きることが分かります。

たとえば、歌の録音をボーカリストさんに依頼した時に、
ある人はファイル(納品物)の揃え方が汚くて、
ある人はとても美しく、そしてそれは単発ではなくいつもです。

納品物であるファイルの美しさとは、
具体的には以下のようなことです。

◆ファイルの長さ
前後に余計な余白が付いていないこと。ましてや、録音終了後の
ノイズなどは絶対に入っていてはいけません。

◆ファイルの形式
音楽ファイルの形式には様々ありますので、指定に沿った形式で
出力しなければいけません。ファイルの拡張子だけではなく、
ビットや周波数などの値も指定通りに出力します。

◆ファイルの名前
録音した本人にしか分からないようなものではいけません。
「プロジェクト名_Main_Vo_Take1_日付」などというように、
「スペース」を「_(アンダーバー)」で表現して、
ファイルの内容が一目で分かるようにネーミングしましょう。
また、OSによってエラーが出てしまう文字もありますので、
使用する文字にも注意が必要です。

上記をご覧いただいてお分かりのように、ここでは、
「歌の上手さ」などという技術的なことは全く必要ありません。
仕事をスムーズに、美しく進行させるための気遣い、丁寧さが
もっとも大切であるということの証明です。

そして不思議なことに、歌の上手な人や、良い曲を書く人という
のは、こういった技術以外のことも、もれなく丁寧なのです。
仕事に対する丁寧な取り組み方が、歌を歌うこと、
音楽を作ることにも、すべて反映されているのでしょうね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。